お酒の前に飲むウコンならこちら

ウコンには副作用がないの?

お酒を飲む人や健康の為にウコンを選んでいる人が最近増えてきました。

 

 

でも体には良いとわかっているけどウコンには副作用はないのでしょうか?

 

 

ここではウコンの副作用について説明します。

 

 

まず肝機能障害のある人がウコンをとった場合ウコンをとることで症状が悪化したというケースがあります。

 

 

これはウコンに含まれるミネラルが肝臓に鉄分を溜めてしまうことが原因だと言われています。肝臓の病気ではない人もウコンのとりすぎは良くないと言われています。

 

 

どんな薬やサプリメントでも適切な量というものがあります。これはウコンに限らず他のものでも同じと言えますね。

 

 

適切な量を守らない場合はウコンも同様に副作用があるということになります。

 

 

ではウコンの適切な量を守らなかった場合どういう副作用があるのでしょうか?

 

 

ウコンに含まれるクルクミンが肝臓の働きを強めてしまいとりすぎてしまうと負担がかかってしまい肝臓の機能を弱めてしまうのです。

 

 

「肝臓の為、悪酔いしないためと、飲み会の前と後に飲んじゃおう」
「今日はいつもより元気でいたいから、いつもより沢山ウコンをとろう」

 

 

こう言った間違ったウコンの量が肝臓を機能を強化するのではなく、肝臓の機能を低下させてしまっているのです。

 

 

適切な量は必ず守りましょう!

 

 

その他にも

 

糖尿病の治療をしている人
胆管障害・胆石の病気がある人
血栓予防など血管を詰まりにくくするために薬を飲んでいる人
妊娠中、授乳中の人

 

などはウコンをとる場合に注意が必要です。

 

 

こういった疑いのある人は医師に相談するか薬剤師に相談した方が良いですね。

 

 

ウコンサプリについても書いているのでウコンサプリ選びに迷っている方はこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

 

⇒ ウコンサプリを徹底比較!本当に良かったのはこちら!

 

 

トップに戻る

肝臓の健康にセラクルミン