お酒の前に飲むウコンならこちら

ウコンに含まれる鉄分が危険って本当?

健康食品として人気の高いウコン。

 

 

二日酔いに効くと言われ、肝臓に良いイメージがありますが、本当に体によく、肝臓にも良いのでしょうか?

 

 

ウコンといえばクルクミンという成分や、鉄分、ミネラルと多くの成分が含まれています。そのウコンに含まれる成分には危険がないのでしょうか?

 

 

先日ウコンに含まれる鉄分が危険って本当?という質問を受けました。その質問について、お答えします。

 

 

ウコンにはミネラルが沢山含まれています。そのミネラルを大量に取ってしまうと、肝臓に鉄分がたまってしまうのです。

 

 

肝臓は鉄分を貯める働きがあり、体に必要な鉄分を送っています。もし、肝臓の働きが低下しているところに鉄分をとりすぎてしまうとうまく消化できなくなってしまうのです。

 

 

そこにウコンに含まれる成分で、クルクミンという成分が、肝臓の働きを助ける力があります。

 

 

そのクルクミンが二日酔いに効くといわれているのですが、クルクミンを多くとりすぎてしまうと、肝臓を無理やり働かせてしまい、弱っている肝臓に、負担がかかってしまうというわけです。

 

 

それはまるで、体の弱っている人にマラソンをさせるようです。そう考えると、ウコンに含まれている鉄分が危険ということがわかりますね。

 

 

マラソンといえばウコンはマラソンをやる人に良いんですよ。

 

 

ウコンがマラソンに良い理由とは?

 

ウコンが肝臓に良いと言うのは有名ですよね。

 

 

それはクルクミンが肝臓の働きを助けてくれるからなのですが実は肝臓とマラソンには深い関係が!

 

 

肝臓は疲労回復の役割をになっている重要な臓器です。マラソン前日にウコンを飲んで走っている人は多いです。

 

 

中には「ウコンを飲み忘れてマラソンに参加したら内臓が気持ち悪くなった」なんていう人もいます。

 

 

ウコンはマラソン選手の強い味方!

 

 

ウコンと言えば沖縄で沖縄といえばマラソン。それぐらい沖縄には人気の市民マラソンがあり多くの市民がマラソンを楽しんでいます。

 

 

最近は県外から参加する選手も多く那覇マラソンなどは特に人気があります。

 

 

お酒を飲む機会が多い沖縄ではお酒を飲む前にウコンを摂るというのは常識です。

 

 

最近はお酒を飲む前だけでなく普段からウコンサプリをとってる人も多くなっています。

 

 

沖縄でマラソンが人気なのはウコンサプリも関係があるのかもしれませんね。

 

⇒ 沖縄ウコンがお得な値段でお試しできるのはコチラ

 

 

トップに戻る

 

 

肝臓の健康にセラクルミン