オルニチン サプリメント

シジミの成分として話題になったオルニチンです。
シジミを使った料理はあまり種類がなく、すぐに頭に浮かぶのは「シジミ汁」。
飲んだ次の日に「シジミ汁」にお世話になった方もいるでしょう。
それはシジミの中のオルニチンの成分の働きが大きいのです。

 

【オルニチンの働き】
飲みすぎた時も、今日は飲むぞ、と言うときもオルニチンを飲んで翌日に備えるという
ことも出来、疲れがたまった時にもオルニチンを摂ると元気になれると言われています。

 

オルニチンはアミノ酸の一種で、“遊離アミノ酸”という種類になります。
“遊離アミノ酸”タンパク質に合成されずそのまま、つまりオルニチンの形のまま
体内を移動します。腸で吸収され肝臓や腎臓に移動しますが、主に肝臓で働きます。

 

肝臓でアンモニア分解、解毒処理の促進に働きます。
肝機能を向上してくれるので、基礎代謝力もアップされ効率的にエネルギーが消費出来るのです。

 

基礎代謝とは、安静にしていても消費するエネルギーのことです。
10代20代のときはこの基礎代謝が高いので太りにくいのですが、年齢とともに低下するので
太りやすくなるのです。

 

この基礎代謝、体の中のどこが一番消費していると思いますか?
実は、肝臓なんです、基礎代謝の約27%だと言われています。
肝機能が向上すると、基礎代謝がアップするのはそんな背景があるのです。

 

ちなみに2位が脳で約19%、3位が筋肉で約18%だそうです。

 

他にも肌トラブルの改善やストレスの軽減などの期待が出来ます。

 

と言うことで、飲む機会が増えそうな年末年始、歓送迎会の時期にオルニチンを
とって、二日酔い予防や改善の効果を実感したいと思っているかたも多いでしょう。

 

オルニチンを摂る方法として、食事かる摂るのが一番いいのですが、
オルニチンが一番含まれている食材のシジミでさえ、100gに10〜15mgしか入っていません。
これはシジミ約35個分です。
1日に摂取する目安の量は400mg〜1000mgです。
摂取の最低の量で、100gのシジミの含有量を最大の15mgで計算しても、
400÷15=約27 27×35(個のシジミ)=945
となります。
約1000個のシジミですね

 

一日にこれだけのシジミを摂るのは無理です。
しかもオルニチンは体内に蓄えておけませんので、毎日摂る必要があります。

 

栄養のバランスも考えると、とても現実的とは言えません。

 

ですので、オルニチンは「サプリメント」で摂るのが効率的で効果的なのです。

 

【オルニチンのサプリメント。どう選べば良い?】
早速オルニチンのサプリメントを購入しようとしたら・・・、
なんだかたくさん出てきます。

 

“どれも良さそうで、どれが良いかなんて絞れない!”
“製品の良し悪しのチェック方法が分からない!”
と悩んでいませんか?

 

オルニチン成分のサプリメントは多数あります。
自分に合ったサプリメントを選ぶのも、大事な選択です。

 

<チェックポイント1>
 オルニチンの含有量
 やはり1日の摂取量が目安になります。
 400mg〜1000mgが摂れるモノにしましょう。

 

 

<チェックポイント2>
 オルニチンの品質

 

 品質のチェックで大きなポイントとなるのが、オルニチンが自然のモノから摂取
 されたものか、または、化学的に合成されたものか、の2択になります。

 

 天然の原料ということで、自然のものから摂取したサプリメントに軍配があがります。

 

 オルニチンの成分の摂取は、シジミからが多いです。
 どこで獲れたシジミから成分を摂っているかもチェックしましょう。

 

 そして、製造方法が「フリーズドライ製法」であることです。
 フリーズドライ製法は、真空状態後、急速に冷却・乾燥します。
 それにより、オルニチンの栄養が落ちにくいと言われています。

 

 最後に、気になるサプリメントの製造工程をチェックして、安全性の確認をしましょう。

 

 つまり、オルニチンの成分の出所が自然のモノからで、どこから摂れたものか、
 どんな製造方法をされているかの3つが品質のチェックポイントとなります。

 

<チェックポイント3>
 毎日続けられる価格であること
 品質の箇所で、オルニチンの出所が化学的に合成されたもの、がある、と
 書きましたが、価格で比較すると、こちらのほうが安いです。

 

 化学的に合成されたサプリメントの最大の特徴でもあります。
 ですので、毎日摂ることを考えると、こちらのほうが続けられそうです。

 

 自然のシジミからオルニチンの成分を摂ったタイプは、お値段も高くなります。
 その分、安心だということです。

 

 

★★まとめ★★
・オルニチンの働き
・オルニチンのサプリメント。どう選べば良い?
 <チェックポイント1>
    オルニチンの含有量
 <チェックポイント2>
    オルニチンの品質 
 <チェックポイント3>
    毎日続けられる価格であること

 

 

オルニチンはサプリメントで摂るのが効果的です。
そのサプリメント、価格が安いからと飛びついてはいけません。
中には粗悪品もありますので、しっかりとチェックポイントを抑え、
含有量・品質・価格のバランスが良い商品を選びましょう。

肝臓の健康にセラクルミン