お酒の前に飲むウコンならこちら

オルニチンの効能 副作用

オルニチンはシジミに多く含まれています。

 

お酒を飲んだ翌朝に「シジミ汁」を飲むと楽になる、といわれますね。
それは、シジミの中のオルニチンの働きによるものです。

 

オルニチンは肝臓の「オルニチンサイクル(尿素回路)」と言うところで、人体に毒である
アンモニアの分解・解毒のサポートをするため、肝臓の負担を減らします。

 

そのオルニチンの効能、もう少し掘り下げてみましょう。

 

【効能と効果にははっきりと違いがある!?】

 

オルニチンの効能の話をする前に、効能と効果の違いについて。

 

今回は“効能”についてなのですが、効能も効果もごっちゃ混ぜにして
使われたり、効能・効果とセットにして使われたりしてますね。

 

簡単に言うと、
効能は、ある働きや作用によって期待できること、です。
結果ではありません。
一方効果は、ある働きや作用によって現れた良い結果のこと、です。

 

オルニチンでいうと、
“二日酔い予防”が効能で、“二日酔いしなかった”ことが効果になります。

 

つまり効能は「期待できること」になります。

 

オルニチンに期待できることはなんでしょうか?と言うことですね。

 

【オルニチンの特徴は?】
オルニチンはアミノ酸の一種です。
体内でも合成されますが、食物で口から摂取されると、腸で吸収され肝臓や腎臓へ移行します。
とくに肝臓のアンモニア分解解毒のオルニチンサイクル(尿素回路)で働き、肝臓の負担を減らしてくれます。

 

オルニチンの特徴はそれだけでなく、他のアミノ酸のようにタンパク質を合成しません。
オルニチンの形のまま血流に乗り体の中を移動します。
「遊離アミノ酸」と呼ばれる種類です。

 

そして、アミノ酸が足りていないところで働きます。

 

自然界にある食物のオルニチン含有量は少量です。
オルニチンが豊富と言われているシジミでさえ、100gに含まれる成分量は
10〜15mgと言われています。大人が1日に摂取する目安量は400mg〜1000mgです。
しかも体内に蓄積することが出来ないため、毎日摂る必要があります。
となると、食べ物からだけ摂取するのは非常に無理がある成分でもあります。

 

【オルニチンの効能とは“なんぞや?”】
オルニチンの効能は、
・二日酔い予防
・疲労回復
・脂肪燃焼によるダイエット
・肌トラブル改善、美肌
・ストレス解消
・疲労臭の改善
・睡眠の質の向上
などがあります。

 

オルニチンは成長ホルモンの分泌を刺激し促進する働きがあります。
そのため、代謝がアップし、脂肪燃焼の促進に働くのでダイエット効果に
期待ができるのです。

 

オルニチンサイクル(尿素回路)でのアンモニアの分解解毒は、肝臓だけでなく腎臓の負担も
軽くします。
アンモニアは人体に毒で、体に蓄積されると疲れやだるさを感じますので、
それらが解消されるのです。
アンモニアは神経毒なので、脳に達すると脳障害を起こす危険な成分です。
いち早く処理することが肝臓にも体にもとても重要なのです。

 

アンモニアの解毒がスムーズにいくと、肝臓のアルコール分解の働きもスムーズに
なります。そのため悪酔いや二日酔いしなくなり、目覚めからスッキリ動けると
期待できるのです。

 

また、オルニチンは睡眠を促し、日中受けたストレスを軽減出来る働きもあります。

 

肝臓が悪くなると、気分が落ち込みやる気が出ない・・・となるそうです。
体にも心にも影響大の肝臓です。
そのサポート、とても大事です。

 

【オルニチンの副作用は?】
オルニチンは、体内にもともとある非必須アミノ酸のアルギニンから合成されるアミノ酸です。

 

それ故に、オルニチンを摂取しての副作用は特にないようです。

 

ですが、体質的に合わないかたがオルニチンを多く摂取すると、胃痛や下痢に
なるとの声もあります。

 

摂取は目安量を守ることです。

 

体に蓄えておけない成分でもありますから、意識して毎日摂ると良いでしょう。

 

 

★★まとめ★★
・効能と効果にははっきりと違いがある!?
・オルニチンの特徴は?
・オルニチンの効能とは“なんぞや?”
・オルニチンの副作用は?

 

 

オルニチンは二日酔い対策やスッキリ目覚めたい人だけのものではありません。
毎日一生懸命働く肝臓のサポートをするワケですから、オルニチンが不足しない
ように補うことが大切になります。

肝臓の健康にセラクルミン