お酒の前に飲むウコンならこちら

オルニチンの効能効果について

オルニチンは肝臓の解毒作用を助け、肝機能を向上させてくれます。
肝臓にとってとても大事な成分ですが、改めてオルニチンの効能と効果について説明いたします。

 

【私、オルニチンと申します】
オルニチンが自己紹介するならば・・・、

 

『わたしは体内で生成することも出来るし、食べ物からも摂り入れることが出来るアミノ酸の一つです。
普通のアミノ酸は連結してタンパク質になるのですが、私は私のまま血液と一緒に体の中を
巡ったり組織のなかにいたりします。
私のような動き方をするアミノ酸を“遊離アミノ酸”と言います。
そして、ただ体のなかを巡っているのではなく、どこかアミノ酸が不足しているところが
あったら、そこに助けに入ります。
特に肝臓さんでは、アンモニアの分解・解毒する「オルニチンサイクル」という
回路で働かせてもらっています。
私がサポートすると、肝臓さんは快適に動きやすいそうです』

 

となるでしょうか。

 

ではそのオルニチンの効能と効果についてに進みましょう。

 

【オルニチンの7つの効能と効果】

 

効能1:疲労回復
 オルニチンは肝臓に入ると、「オルニチンサイクル(尿素回路)」と言う
 人体に有害なアンモニアの分解・解毒で働き、早く処理ができるので、
 体の疲労が溜まりにくくなるということです。

 

その効果は?
 オルニチンを摂ることにより、朝から体が動く、疲れを持ちこさなくなった、
 などあります。

 

効能2:二日酔い解消
 肝臓のアルコール分解処理が追いつかなくなると、体内にアルコールを分解する
 途中で発生するアセトアルデヒドがそのまま残ってしまいます。
 このアセトアルデヒドが二日酔いの頭痛や吐き気の原因です。

 

 オルニチンを摂取することにより、肝臓の働きが向上できるので、
 アセトアルデヒドの処理が早くなり、二日酔いを解消する、ということです。

 

 “ん〜、つまり、オルニチンは直接アルコールの分解には関係なくない?
 ホントに二日酔いに効くの?”
 と言う疑問が湧きますよね?

 

その効果は?
 ・ビールを2杯しか飲んでいなくても悪酔いや嘔吐し、二日酔いまであったのに、
  吐き気も二日酔いもしなくなった。
 ・お酒を飲むと次の日の頭痛がひどかったのですが、頭痛が起こらなくなった。
  ただ、効くまでに時間がかかったので、数日飲み続けるのがコツかも。
 ・年末年始で飲む機会が多く、どう乗り切ろうかと考えていたのですが、
  そんな心配は無用だったほど体が元気で驚きました。
 などあります。

 

*いくつかの研究機関での結果をまとめました。
 ・オルニチンだけを摂取したときの飲酒後の血漿中のアセトアルデヒド濃度が下がる結果になりました。
 ・アルコール性疲労の回復に効果がでたとの結果がでました
 ・飲酒による肝組織の細胞死防止の結果がでました。

 

直接ではなく間接的作用になりますが、オルニチンの効果はあるのです。

 

効能3:睡眠障害の改善
 睡眠がうまくとれない場合など、アンモニアの解毒がうまくされていないことが
 考えられます。
 オルニチンを摂りアンモニアの解毒処理をスムーズにすることにより、質の良い睡眠
 がとれるよになるということです。
 重複しますが、アンモニアは疲労の原因ですから。

 

その効果は?
 ・睡眠時間は少ないのに、その少なさを感じないほどぐっすり眠れた
 ・常にあった眠気がなくなった
 ・朝の目覚めがスッキリで気持ちいい!
 ・寝つきがよくなった
 などあります。

 

効能4:成長ホルモンの分泌促進
 オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。
 成長ホルモンの分泌は年齢とともに低下します。
 成長ホルモンの分泌が低下すると、
 骨密度が低下したり、肌の老化、集中力や意欲の低下、脂肪の分解能力の低下などがあります。
 成長ホルモンはアンチエイジングにも期待できるのです。

 

その効果は?
 ・オルニチンを摂ってから運動したことにより、徐々に体脂肪率が下がってきました
 ・痩せやすくなってきたかも
 などがあります。

 

効能5:肌トラブルの改善
 肌と肝臓の関係、実はとても密接なのです。
 肝臓の機能が低下すると、体内に毒素が蔓延します。
 体のすみずみまで栄養を送ることができなくなり、肌に必要な栄養も当然
 行きわたらなくなります。
 そのため肌が荒れるのです。
 オルニチン回路で合成されるプロリンという成分は、美肌作用があるといわれて
 いますが、このプロリンはオルニチンから合成されるのです。 

 

 また、成長ホルモンの分泌が促進されるので、コラーゲンの合成にも働きます。

 

その効果は?
 ・肌が乾燥してかゆみが酷かったのに治まってきた
 ・背中のニキビが治ってきた
 ・脂っぽい顔が気にならなくなってきた
 ・毛穴が目立たなくなってきたような・・・
 ・シワがすこ〜し目立たなくなってきた
 ・顔色がよくなってきた
 ・肌のハリがでてきた!

 

 などあります 

 

効能6:ストレスの軽減
 ストレスは睡眠中に回復されます。
 オルニチンを摂ることで、落ち込んだ気分が改善される働きがある、ということです。

 

その効果は?
 ・ストレスで眠りにつけるか心配だったが、眠りにつくことができ寝起きの気分がよかった
 ・ストレスで太りやすかったのですが、ストレスが軽減され徐々に体調が整ってきた
などです。

 

 

効能7:創傷の治癒の促進
 オルニチンサイクルで合成されるプロリンは、傷の治りを早くする働きがある、
 と言われています。

 

 プロリンは先にも述べたように、オルニチンから合成されます。

 

その効果は?
 ある研究機関が、マウスで傷の治りが早くなった、との結果を出しています。
 自分で効果を実感してみてください。

 

★★まとめ★★
・私、オルニチンと申します
・オルニチンの7つの効能と効果
 効能1:疲労回復
 効能2:二日酔い解消
 効能3:睡眠障害の改善
 効能4:成長ホルモンの分泌促進
 効能5:肌トラブルの改善
 効能6:ストレスの軽減
 効能7:創傷の治癒の促進

 

オルニチンは直接働きかけることも重要ですが、間接的な働きも重要なことが
分かっていただけたでしょうか。

 

体の調子を整えるのにオルニチンを充分体内に入れておきたいものです。
ライフワークに摂りいれて調子の良い毎日をおくりませんか?

肝臓の健康にセラクルミン